日本毛織[ニッケ](3201)の株主優待を徹底紹介!! クオカードだけでなく優待券も意外と人気が高い!?

 

今回は日本毛織[ニッケ](3201)における株主優待の詳細、逆日歩情報なども含めて徹底紹介していきます♪

 

株主優待が少ない5月と11月が権利月になりますが、比較的取得しやすいので個人的には重宝している銘柄です。

 

大人気の金券も貰えますし、人によっては利用価値が高い割引券も貰えますよ(^ ^)

 

ニッケ(3201)ってどんな会社??

 

ニッケ(3201)は社名の通り、主に毛織物を製造する会社です。

 

ニッケ 株主通信

 

ただ、最近は不動産業が柱になっており、そちらの方がメインになっているんですよね。

 

オフィスビルから大型モールまで、多くの物件を保有しています。

 

それ以外にも保育事業からアイスクリーム屋さんまでいろんな事業を展開しているので、一言ではいい表せない会社です 笑

 

また、明治29年創業という100年以上の歴史を持つ会社でもあります。

 

かなりの大先輩です!(◎_◎;)

 

 

ニッケ(3201)の株主優待詳細

 

ニッケ 1

銘柄日本毛織(株)
コード3201
権利確定月5月末日
11月末日
株主優待①クオカード
②株主優待カタログ
③優待券
一般信用売り可能証券SBI証券
カブドットコム証券
楽天証券
松井証券
制度信用売り可能
優待利回り100株場合・・・1.06%
1,000株の場合・・・0.42%
5,000株場合・・・0.13%
10,000株場合・・・0.11%
配当利回り2.13%

 

ニッケ(3201)の権利確定月は3月末日と9月末日の年2回。

 

11月は100株以上の株主に対してクオカード500円分。

 

5月は保有数によって下記の株主優待が貰えます。

 

  • 1株以上・・・株主優待カタログ
  • 100株以上・・・500円分のクオカード
  • 1,000株以上・・・3,000円分の優待券
  • 5,000株以上・・・5,000円分の優待券
  • 10,000株以上・・・10,000円分の優待券

 

1,000株以上だとクオカードとカタログもついてくるので、優待が3つも貰えますよ♪

 

ちなみに優待券はニッケが運営するアイスクリーム屋さんなどで使える割引券です。

 

利回りに注目すると100株保有するのが1番利回りは一番高くなりますが、それでも1%ほどなのであまり魅力的ではありません。

 

配当利回りを合わせれば一応3%台にはなりますが、購入したいと思えるレベルではないですかね(^^;;

 

 

つなぎ売りでの取得

 

ニッケ(3201)は一般信用売り、制度信用売り、両方でつなぎ売りが可能です。

 

逆日歩リスクなし!! 一般信用を使って”つなぎ売り”ができるオススメの証券会社3選!!

 

しかも一般信用売りは今の所4社で取り使いがありますので、つなぎ売りの難易度は非常に低いです。

 

初心者の方にもオススメできます(^ ^)

 

とはいっても、5月と11月は取得できる株主優待が少ないので権利付き日ギリギリまで待つと在庫がなくなる可能性もあります。

 

どうしても一般信用でつなぎ売りしたいという方は10日前〜5日前を目安に、余裕をもって取得するようにしましょう。

 

株価変動リスクをなくして手数料だけで株主優待をゲットできる”つなぎ売り“の方法は下記の記事でSBI証券を例に紹介していますので「挑戦しようかな〜」と考えている方は是非参考にしてくださいませm(_ _)m

 

SBI証券でのつなぎ売り方法を確認する

 

 

ニッケ(3201)における過去の逆日歩

 

続いてニッケ(3201)における過去の逆日歩です。

 

年度逆日歩(100株辺り)
2014年5月120円
2014年11月15円
2015年5月15円
2015年11月155円
2016年5月300円
2016年11月55円
2017年5月150円

 

高額な逆日歩にはなっていませんが、1,000株以上をつなぎ売りする場合は少し注意が必要だと思います。

 

もし制度信用でつなぎ売りをする場合は、信用手数料が完全無料のSMBC日興証券、手数料が安いGMOクリック証券ライブスター証券を使って、手数料を極力安くするようにしてくださいませ。

 

 

ニッケ(3201)から株主優待が到着!!

 

ニッケ(3201)から株主優待が到着しました。

 

5月に1,000株取得です(^ ^)

 

まず、こちらが優待カタログ。

 

ニッケ 株主優待 2017年 3

 

そして、クオカード。

 

ニッケ 株主優待 2017年 1

 

創立120周年という節目の年だったので、今回に限り700円分のクオカードが追加で貰えました。

 

ニッケ 株主優待 2017年 2

 

そして最後に優待券。

 

ニッケ 株主優待 2017年 4.1

 

1,000円券が3枚入っています。

 

ニッケ 株主優待 2017年 5.1

 

 

今回に限りですが、クオカードと優待券だけでも4,200円相当の価値がありますので、非常にお得だったと思います。

 

優待券も住んでいる近くにニッケが運営する店舗があればかなり使える割引券です。

 

逆に利用できる店舗がないと困りますけどね(^^;;

 

自分は親戚にあげるかもしれません 笑

 

 

ニッケ(3201)の株主優待取得費用

 

続いてニッケ(3201)の株主優待を取得するのにかかった費用を計算です。

 

今回はSBI証券の一般信用を使い、100株をつなぎ売りで取得しました。

 

かかった手数料は…

 

項目金額(税込)
合計1,119円
売買手数料776円
金利・貸株料343円
逆日歩0円

 

よってお得になった金額は…

 

4,200円 – 1,119円 = 3,081

 

クオカードが1,200円分貰えましたので、それだけでも前にでています。

 

ただ、次回からは記念優待の分だけ少しコスパは下がりますかね(^^;;

 

MEMO
上記は自分が取得したときの手数料です。現時点での手数料とは異なっている可能性があります
 

 

ニッケ(3201)の株主優待まとめ

 

ニッケ(3201)の株主優待は100株以上でクオカードは絶対貰えますから、これだけでも取得する価値はあると思います。

 

また、全株主に対してニッケの優待カタログが貰えるのでこちらが気になるという人にもオススメです(^ ^)

 

さらに一番取得する価値がある人はニッケの優待券を利用できる施設が近くにある人です。

 

その場合は1,000株以上を取得するといいかもしれません。

 

長期保有するメリットはあまりないので、個人的にはつなぎ売りでその都度取得していくのがベストかなと思います♪

 

5月と11月は取得できる株主優待が少ないので、個人的にはこれからも積極的に取得していくつもりです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。