日本商業開発(3252)の株主優待を徹底紹介!! 外食好きには堪らないジェグルグメカードが貰えます!!

 

今回は日本商業開発(3252)における株主優待の詳細、逆日歩情報なども含めて徹底紹介していきます♪

 

金券というとクオカードのイメージが強いかもしれませんが、以外とジェフグルメカードも根強い人気を誇ります(^ ^)

 

日本商業開発はそんなジェフグルメカード好きには無視できない銘柄ですよ♪

 

日本商業開発(3252)ってどんな会社??

 

日本商業開発(3252)は主に主に不動産投資事業をしている会社です。

 

日本商業開発 株主優待 2017年 2

 

少し変わっているのが、商業テナントなどの出店意思を確認してから土地のみを購入するところです。

 

建物を所有していないため、テナントの退去リスクが全くありません。

 

土地だけに投資するという独自のビジネスを構築しています。

 

また、自社で取得する以外にも地主にノウハウを提供するなどのサービスも行なっています。

 

 

日本商業開発(3252)の株主優待詳細

 

日本商業開発 ロゴ 1

銘柄日本商業開発(株)
コード3242
権利確定月3月末日
9月末日
株主優待(ジェフグルメカード)300株以上・・3,000円相当
700株以上・・6,000円相当
一般信用売り可能証券カブドットコム証券
制度信用不可
優待利回り300株・・・0.59%
700株・・・0.50%
配当利回り3.26%

 

日本商業開発(3252)の権利確定月は3月末日と9月末日の年2回。

 

もらえる株主優待はなんと、外食好きには堪らないジェフグルメカード!!

 

金券の中ではあまり知名度はありませんが、クオカードと同じくらい使える金券ですね♪

 

株主優待の中でも人気商品の一つです。

 

貰える株数ですが、こちらは少々変則的。

 

300株で3,000円相当、700株で6,000円相当となっています。

 

よって、300株で取得するのが一番高利回りです。

 

100株では株主優待が貰えませんので、注意してくださいね♪

 

総合利回りは約4%ということで悪くはないですが、長期保有するとなるともう一声という感じでしょうか(^_^;)

 

 

つなぎ売りでの取得

 

日本商業開発(3252)は一般信用売り、制度信用売り、両方でつなぎ売りが可能です。

 

逆日歩リスクなし!! 一般信用を使って”つなぎ売り”ができるオススメの証券会社3選!!

 

ただし、一般信用売りは今の所カブドットコム証券でしか取り扱いがありません!!

 

しかも権利付き日近くになると、在庫切れで取り扱いがなくなることもあるので取得難易度は非常に高いです!!

 

取得する場合は1か月以上前に仕込んでおく必要があります。

 

ただ、そうなると金利がかさんでしまうので旨味がなくなってしまうのでちょっと考えものなんですよね。。。

 

この先楽天証券SBI証券でも取り扱うようになれば取得しやすくなると思いますので、そちらを期待しましょう。

 

株価変動リスクをなくして手数料だけで株主優待をゲットできる”つなぎ売り“の方法は下記の記事でSBI証券を例に紹介していますので「挑戦しようかな〜」と考えている方は是非参考にしてくださいませm(_ _)m

 

SBI証券でのつなぎ売り方法を確認する

 

 

日本商業開発(3252)における過去の逆日歩

 

続いて日本商業開発(3252)における過去の逆日歩です。

 

年度逆日歩(100株辺り)
2016年3月0円
2016年9月0円
2017年3月0円

 

今の所は非常に魅力的な数字が続いています(^ ^)

 

この感じだとリスクは少なそうですね♪

 

もし制度信用でつなぎ売りをする場合は、信用手数料が完全無料のSMBC日興証券、手数料が安いGMOクリック証券ライブスター証券を使って、手数料を極力安くするようにしてくださいませ。

 

 

日本商業開発(3252)から株主優待が到着!!

 

日本商業開発(3252)から株主優待が到着しました。

 

今回は300株取得です(^ ^)

 

こちらが届いたジェフグルメカードになります。

 

日本商業開発 株主優待 2017年 1

 

なんと!! 左側に会社のロゴが入った特注のジェフグルメカードです!(◎_◎;)

 

地主という文字が妙に際立っていた若干ネタかと思ってしまいました 笑

 

まぁ価値は変わらないのでいいんですが、デザイン的にはどうなんでしょうか。。

 

また、今回は記念優待ということで、いつもよりも1,000円分多くもらうことができました!!

 

こちらにも記念優待という言葉をわざわざ印刷しているので、なかなか手が混んでます。

 

 

日本商業開発(3252)の株主優待取得費用

 

続いて日本商業開発(3252)の株主優待を取得するのにかかった費用を計算です。

 

今回はカブドットコム証券GMOクリック証券を使い、100株を変則的つなぎ売りで取得しました。

 

かかった手数料は…

 

項目金額(税込)
合計1,349円
売買手数料711円
金利・貸株料638円
逆日歩0円

 

よってお得になった金額は…

 

4,000円 – 1,349円 = 2,651

 

今回は記念優待がありましたので、いつも以上にお得になっています。

 

もしなかったとしても半分以上は前に出ていますので、コスパとしては悪くないと思いますね♪

 

MEMO
上記は自分が取得したときの手数料です。現時点での手数料とは異なっている可能性があります
 

 

日本商業開発(3252)の株主優待まとめ

 

日本商業開発(3252)の株主優待はジェフグルメカードですから、欲しくないという人はいないと思います。

 

使わなかったとしても換金性が高いですからね。

 

ただ、一般信用で取得する場合にはつなぎ売りが困難なため、今の所は制度信用でのつなぎ売りか、現物保有するのが王道の取得方法になっています。

 

制度信用は今後も同じ逆日歩が続くかわからないので、少し注意する必要があるかもしれません。

 

自分の戦略としては一般信用をチェックしつつ、どうしても欲しい場合は貸借残数を見ながら制度信用で攻める感じですかね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。