ファルコホールディングス(4671)の株主優待を徹底紹介!! 鉄板のクオカード銘柄で利回りも文句なし!!

 

株主優待としてクオカードを年に2回貰える企業は多くありますが、その中でも比較的人気なのがファルコホールディングスです。

 

つなぎ売りができる上に株価も低価格なので、毎回取得している人も多い銘柄でしょう(^ ^)

 

今回はそんなファルコホールディングス(4671)における株主優待の詳細、逆日歩情報なども含めて徹底紹介していきます♪

 

ファルコホールディングス(4671)ってどんな会社??

 

ファルコホールディングス(4671)は主に臨床検査事業をしている会社です。

 

ファルコホールディングス 株主優待 2016年 2

 

その他にも遺伝子検査や治験研究など、薬の開発を手助けするような事業も展開しています。

 

また、電子カルテも開発していたりと、医療の手助けも行なっているんですよね♪

 

あまり聞きなれない会社ですが、知らないところでお世話になっている、そんな会社だと思います。

 

 

ファルコホールディングス(4671)の株主優待詳細

 

ファルコホールディングス

銘柄(株)ファルコホールディングス
コード4671
権利日3月末日
9月末日
株主優待(クオカード)100株以上・・・1,000円分
一般信用売り可能証券SBI証券
カブドットコム証券
楽天証券
制度信用可能
優待利回り100株以上・・・約 1.26%
配当利回り2.52%

 

ファルコホールディングス(4671)の権利確定月は3月末日と9月末日の年2回。

 

もらえる株主優待はクオカード1,000円分です。

 

100株以上の株主に対して一律1,000円ですから、100株で取得した時に利回りは最大になります。

 

その場合ですと配当利回りを入れた総合利回りは4%を超えるので非常に高利回りな銘柄になるんですよね。

 

4%を超えてくると長期保有する価値があると思いますので、資金に余裕がある方はポートフォリオに加えてみても面白いかもしれません。

 

つなぎ売りでの取得

 

ファルコホールディングス(4671)は一般信用売り、制度信用売り、両方でつなぎ売りが可能です。

 

逆日歩リスクなし!! 一般信用を使って”つなぎ売り”ができるオススメの証券会社3選!!

 

一般信用売りは主要3証券で可能なので、難易度はそこまで高くありません。

 

楽天証券SBI証券でも解禁日を狙えば取得できる可能性は非常に高いです。

 

ただカブドットコム証券では権利付き日ギリギリでは取得できないため、余裕をもって20日前〜1ヶ月前あたりを目安に取得するようにしてください。

 

少し早めに仕掛ければ簡単に取得できますよ♪

 

株価変動リスクをなくして手数料だけで株主優待をゲットできる”つなぎ売り“の方法は下記の記事でSBI証券を例に紹介していますので「挑戦しようかな〜」と考えている方は是非参考にしてくださいませm(_ _)m

 

SBI証券でのつなぎ売り方法を確認する

 

 

ファルコホールディングス(4671)における過去の逆日歩

 

続いてファルコホールディングス(4671)における過去の逆日歩です。

 

年度逆日歩(100株辺り)
2014年9月275円
2015年3月285円
2015年9月280円
2016年3月300円
2016年9月300円
2017年3月165円
2017年9月330円

 

200円〜300円の間で比較的おちついている印象をうけます(^ ^)

 

これなら制度信用でせめて見てもいいかもしれませんね♪

 

もし制度信用でつなぎ売りをする場合は、信用手数料が完全無料のSMBC日興証券、手数料が安いGMOクリック証券ライブスター証券を使って、手数料を極力安くするようにしてくださいませ。

 

 

ファルコホールディングス(4671)から株主優待が到着!!

 

ファルコホールディングス(4671)から株主優待が到着しました。

 

届いたクオカードがこちら。

 

ファルコホールディングス 株主優待 2016年 1

 

会社のロゴが入った券面ですが、デザイン的にはちょっと地味ですかね(^^;;

 

なかなか使いづらい部類に入るかと思います。

 

とはいえ、どんなデザインでも1,000円の価値がありますので大切に使わせていただきます。

 

結局すべて100円コーヒーになってしまいそうですが 笑

 

 

ファルコホールディングス(4671)の株主優待取得費用

 

続いてファルコホールディングス(4671)の株主優待を取得するのにかかった費用を計算です。

 

今回はカブドットコム証券GMOクリック証券を使い、100株を変則的つなぎ売りで取得しました。

 

かかった手数料は…

 

項目金額(税込)
合計423円
売買手数料283円
金利・貸株料140円
逆日歩0円
管理費0円

 

よってお得になった金額は…

 

1,000円 – 423円 = 577

 

クオカードの場合、自分はマイナスにならなければオッケーです(^ ^)

 

50%以上は前にでているので、全く問題ありません。

 

MEMO
上記は自分が取得したときの手数料です。現時点での手数料とは異なっている可能性があります
 

 

ファルコホールディングス(4671)の株主優待まとめ

 

ファルコホールディングス(4671)の株主優待はクオカードですから、誰でも満足できるはずです。

 

使ってよし、あげてよし、売ってよしの3拍子そろった金券といっていいでしょう(^ ^)

 

他にも魅力的な優待が多い3月と9月が権利月ではありますが、値嵩株ではありませんので、積極的に取得することをオススメします。

 

リスクを負いたくない人はつなぎ売りを利用してくださいね♪

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。