カナモト(9678)の株主優待を徹底紹介!! 10月では貴重なカタログギフト銘柄!!

 

10月は権利を取得できる株主優待が少ないこともあり、比較的どの銘柄も人気になりやすいという傾向があります。

 

そんな中でもカナモトはカタログギフトを株主優待に設けているため、特に人気化しやすい銘柄の一つです。

 

今回はそんな10月銘柄の一社、カナモト(9678)における株主優待の詳細、逆日歩情報なども含めて徹底紹介していきます(^ ^)

 

カナモト(9678)ってどんな会社??

 

カナモト(9678)は主に重機や建機をレンタルしている会社です。

 

カナモト 株主優待 2016年 1

 

建設関係、建築関係の方はお世話になったことがある人もいるかもしれません。

 

日本全国に支店があり、海外にも拠点があります。

 

また、建機レンタル以外にも鉄鋼関連事業や情報通信関連事業も手がけているそうです(^ ^)

 

 

カナモト(9678)の株主優待詳細

 

カナモト 1

銘柄(株)カナモト
コード9678
株価3,395円 (2017/06/07日現在)
権利確定月10月末日
株主優待(カタログギフト)1,000株以上・・・3,000円相当
一般信用売り可能証券カブドットコム証券
SBI証券
松井証券
制度信用売り可能
優待利回り(年間)1,000株の場合・・・0.08%
配当利回り1.47%

 

カナモト(9678)の権利確定日は10月末日です。

 

株主優待は人気のカタログギフトで金額は3,000円相当です。

 

ただ、株主優待は100株ではなく、1,000株以上の株主に対して配布しているので、利回り計算をするとかなり悪いんですよね(^^;;

 

優待利回りは0.1%未満ですから、ここまで悪い銘柄も珍しいです。

 

この利回りでは株主優待目当てでの保有はオススメできません。

 

正直なところ配当利回りもそこまで高くないので、銘柄の魅力はイマイチという感じがします。

 

 

つなぎ売りでの取得

 

カナモト(9678)は一般信用売り制度信用売りでの両方でつなぎ売りが可能です。

 

逆日歩リスクなし!! 一般信用を使って”つなぎ売り”ができるオススメの証券会社3選!!

 

一般信用売りは今のところ、カブドットコム証券SBI証券松井証券の3社で取り扱いがあります。

 

この先、楽天証券でも取り扱うかもしれませんね。

 

ただ、一般信用を使う場合は約定代金が高くなってしまうため、手数料が安いSBI証券で取得しないと旨味はほとんどありません。

 

SBI証券では争奪戦になりますのでフライングクロスも視野に入れて取得するようにしてください。

 

株価変動リスクをなくして手数料だけで株主優待をゲットできる”つなぎ売り“の方法は下記の記事でSBI証券を例に紹介していますので「挑戦しようかな〜」と考えている方は是非参考にしてくださいませm(_ _)m

 

SBI証券でのつなぎ売り方法を確認する

 

 

カナモト(9678)における過去の逆日歩

 

続いてカナモト(9678)における過去の逆日歩です

 

年度逆日歩(1,000株辺り)
2012年10月750円
2013年10月800円
2014年10月0円
2015年10月1650円
2016年10月150円

 

今のところは優待価値を超える高額な逆日歩は付いてませんが、一歩間違えればとんでもない高額な逆日歩になる可能性もあります。

 

最大逆日歩が10万円オーバーになる年もあるので、制度信用を使う場合は十分注意しましょう。

 

被害を最小限に止めるためにも、信用手数料が完全無料のSMBC日興証券、手数料が安いGMOクリック証券ライブスター証券を使って、手数料を極力安くするようにしてくださいね。

 

 

カナモト(9678)から株主優待が到着!!

 

カナモト(9678)株主優待が到着しました!!

 

まずはカタログが届きます。

 

カナモト 株主優待 2016年 2

 

ホクレンのカタログギフトです。

 

中を開けると北海道の特産品を中心とした商品がたくさん!!

 

ハムやベーコン、お米もいいですね♪

 

カナモト 株主優待 2016年 4

 

何を取得しようかかなり悩みましたが、今回自分はこの中から美味しそうなアイスを選択しました。

 

カナモト 株主優待 2016年 5

 

カタログを見ていたら、レアチーズタルトが妙に美味しそうに感じてしまったんです(^ ^)

 

まだ食べていませんが、まぁ間違いなく美味しいでしょう♪

 

レアチーズタルトは不味くするほうが難しいと思いますから 笑

 

 

カナモト(9678)の株主優待取得費用

 

続いてカナモト(9678)の株主優待を取得するのにかかった費用を計算です。

 

今回はSBI証券の5日信用売りを使い、100株をつなぎ売りで取得しました。

 

かかった手数料は…

 

項目金額(税込)
合計約2,111円
信用買い → 現物買い388円
信用売り388円
金利・貸株料1,335円
逆日歩0円
管理費0円
利益0円

 

よってお得になった金額は…

 

3,000円 – 2,111円 = 889

 

正直、めちゃくちゃ微妙な数字ですね。。。

 

おそらくSBI証券でつなぎ売りできなければ赤字だったと思いますので、プラスになっただけでも御の字といったところでしょうか(^^;;

 

MEMO
上記は自分が取得したときの手数料です。現時点での手数料とは異なっている可能性があります
 

 

カナモト(9678)の株主優待まとめ

 

カナモト(9678)は貴重な10月の株主優待銘柄ではありますが、約定代金がどうしても高くなってしまうので、手数料を考えるとつなぎ売りで取得するのは微妙です。

 

制度信用を使えば手数料を抑えられますが、逆日歩が高くなったら意味がありませんからね。

 

悩ましい銘柄だと思います。

 

資金が余っていて、かつ運良くSBI証券で一般信用売りの在庫が残っていた場合に取得するぐらいがちょうどいいかもしれません。

 

でも、自分はあまり満足はできなかったので、次回からスルーの方向でいきます(^^;;

 

取得する時はしっかりと考えてくださいね♪

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。