ダイドードリンコ(2590)の株主優待を徹底紹介!! “ゼリー”に”コーヒー”にダイドー祭りです

 

ダイドードリンコは人気株主優待として、ちょくちょく雑誌などでも取り上げられます

 

また、権利確定日が末日でないというところも有名ではないでしょうかね(^ ^)

 

今回はそんなダイドードリンコ(2590)の株主優待について徹底紹介させていただきます

 

 

ダイドードリンコ(2590)ってどんな会社??

 

ダイドードリンコ(2590)は飲料販売会社です

 

多分ダイドーの自動販売機を見たことがない人ってほとんどいないのではないでしょうかね

 

ちなみに自分が住んでいる静岡ではいたるところでダイドーの自動販売機を見かけます(^ ^)

 

本当に”犬もあるけばダイドー自販機に当たる”ということわざができそうなくらいあるんですww

 

そして、ダイドードリンコの主力製品はやはりコーヒーでしょう

 

コーヒーはダイドーの物しか飲まないという人も多いはずです

 

ダイドー ロゴ 2

 

また、その他にも懐かしい”エナジージム”や”miu”など知名度の高い商品も多くあります(^ ^)

 

自分は子供の頃からよく飲んでいたので身近に感じる企業の一つでもありますかね

 

なんだか思い出したらエナジージムを久しぶりに飲みたくなってしまいましたww

 

 

 

ダイドードリンコ(2590)の株主優待詳細

 

ダイドー ロゴ 1

銘柄ダイドードリンコ(株)
コード2590
株価5,150円 (3/18日現在)
権利確定月1月20日
7月20日
株主優待100株以上・・3,000円相当の自社製品
一般信用売り可能証券カブドットコム証券
SBI証券
松井証券
楽天証券
制度信用売り可能
優待利回り(年間)100株の場合・・・1.17%

ダイドードリンコ(2590)の株主優待は3,000円相当の自社製品です

 

1月、7月の年に2回もらえることから優待利回りだけでも1%以上とそれなりに魅力があります♪

 

また、特徴的なのはやはり権利日でしょう

 

1月20日、7月20日と末日ではないためつなぎ売りする時は少々注意が必要です

 

結構末日と勘違いしてしまうのは”優待あるある”ですからね(^^;;

 

また、毎年の”初優待タダ取り”はこのダイドーから始めるという人も結構多いのではないでしょうかね(^ ^)

 

 

つなぎ売りでの取得

 

ダイドードリンコに関しては”制度信用売り”、”一般信用売り”の両方で可能になっています

 

一般信用売りはカブドットコム証券SBI証券松井証券楽天証券の4社で可能ですが先ほども言った通り、権利日が20日ということで人気化してしまうんです

 

権利付最終日直前では一般信用売りの在庫が残っていない時もありますから、個人的にはある程度早めにクロスを仕込んでおくことをお勧めします(^^;;

 

 

過去の逆日歩

 

続いて、逆日歩情報です

 

年度逆日歩(100株辺り)
2015年1月60円
2015年7月220円
2016年1月470円
2016年7月470円
2017年1月510円
2017年7月470円

 

2015年から賃借銘柄になったのでデータは少ないですが、徐々に逆日歩は増加傾向となっています

 

このままのペースだといずれ優待の価値以上に逆日歩が高額になってしまう可能性も否定できません(^^;;

 

もし、制度信用売りでつなぎ売りする場合は手数料が安いGMOクリック証券ライブスター証券を使い、被害を最小限に止めるのが必須でしょう

 

また、株価変動リスクをなくして手数料だけで株主優待をゲットできる”つなぎ売り“の方法は下記の記事でSBI証券を例に紹介していますので「挑戦しようかな〜」と考えている方は是非参考にしてくださいませm(_ _)m

 

https://kabunushiyutai-mechanic.com/?p=1901

 

 

 

ダイドードリンコ(2590)から株主優待が到着!!

 

今回はカブドットコム証券の一般信用売りとGMOクリック証券を使った変則的なつなぎ売りでダイドードリンコ(2590)の株主優待を取得しました(^ ^)

 

到着したのは3,000円相当の自社製品です

 

ダイドードリンコ 20115年 1月 株主優待 1

 

これだけあると壮観ですねww

 

ゼリーにコーヒーにジュース、もうダイドー祭りといっていいくらいてんこ盛りです(^ ^)

 

これは毎年大きな箱で届くので結構インパクトがあります

 

もらった感が半端ないので満足度が高い株主優待の一つだと思いますね

 

 

ダイドードリンコ(2590)の株主優待取得費用

 

続いてダイドードリンコ(2590)の株主優待を取得するのにかかった費用を計算です^_^

 

今回は上記でもいったようにカブドットコム証券の一般信用売りとGMOクリック証券を使った変則的なつなぎ売りで取得しました

 

取得費用は…

 

項目金額(税込)
合計1,018円
信用買い → 現引108円
信用売り582円
金利・貸株料328円
逆日歩なし

 

よってお得になった金額は…

 

3,000円 – 1,018円 = 1,982

 

スーパーなどで購入すれば商品自体を安く購入できますので、上記の金額ほどお得ではないかもしれませんが、それでも前にはでているでしょう♪

 

また、今回は株式移管するのが遅くなってしまったために、やや貸株料が多めにかかってしまいました(^^;;

 

やはり、計画的に取引しなければダメですね

 

 

ダイドードリンコ(2590)の株主優待まとめ

 

ダイドー商品が詰まった大きな箱が届くので、優待が届いた時はなんだか無性に嬉しくなってしまう優待です

 

重さも、ズシッといい心地よい感じで悪くはありません(^ ^)

 

1月20日とやや権利確定日が変則的ですが、貴重な優待ですので個人的にはこのまま変更なしでいってほしいと思います

 

末日ではないこともあり、資金不足の心配もないと思いますから、今回取得できなかった方は是非次回取得してみてください

 

自分は1月分はほぼ確実に取得していますよ♪

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。