Minoriソリューションズ(3822)から株主優待が到着したので貰える商品や逆日歩などを徹底解説!!

東証1部に上場しているMinoriソリューションズ(3822)から株主優待が到着しました。

今回は株主優待の詳細、逆日歩情報なども含めて徹底紹介していきます♪

 

Minoriソリューションズ(3822)ってどんな会社??

Minoriソリューションズ(3822)はシステム関連の会社です。

様々な分野のシステムコンサルティングやソフトウェア開発をしています。

企画設計から運用・保守、さらには分析や改善までワンストップで提供できるのが強み。

また最近では流行りの定型作業自動化システムであるRPAツールも開発しています。

Minoriソリューションズ(3822)の株主優待詳細

銘柄(株) Minoriソリューションズ
コード3822
権利日9月末日
株主優待(クオカード)100株・・・1,000円相当
一般信用売り可能証券カブドットコム証券
楽天証券
制度信用可能
優待利回り100株・・・約0.69%
配当利回り2.49%

Minoriソリューションズ(3822)の権利確定月はと9月末日の年1回です

株主優待はもらって嬉しいクオカード!!

100株以上の株主に対して一律で1,000円相当を進呈しています。

株数を多く保有しても額面は増えないので、優待利回りを考えると100株での保有が一番です。

配当利回りも含めて総合利回りは3%前後と正直微妙な数字。

しかし株価は長期的にみると右肩上がりで伸びているので、キャピタルゲイン目当てで保有するのは面白いかもしれません。

短期間でのボラはかなり少ないですけどね。

つなぎ売りでの取得

Minoriソリューションズ(3822)は一般信用制度信用の両方でつなぎ売りが可能です。

逆日歩リスクなし!! 一般信用を使って”つなぎ売り”ができるオススメの証券会社3選!!

一般信用売りは楽天証券カブドットコム証券の2社のみ。

しかしクオカードが貰えるということもあり、人気化して一般信用売りを確保するのは非常に難しいです。

どちらかというと楽天証券の方がクロスしやすいかなという印象を持っています。

できれば両方の口座をチェックしてチャンスは見逃さないようにしたいところです。

また、株価変動リスクをなくして手数料だけで株主優待をゲットできる”つなぎ売り“の方法は下記の記事でSBI証券を例に紹介していますので「挑戦しようかな〜」と考えている方は是非参考にしてくださいませ。

 

Minoriソリューションズ(3822)における過去の逆日歩

続いてMinoriソリューションズ(3822)における過去の逆日歩です。

年度逆日歩(100株辺り)
2016年9月3,150円
2017年9月165円

まだデータが少ないのでなんともいえませんが、少し危険な感じはしますね。。

2016年はかなり高額な逆日歩がついてしまいました。

もし制度信用でつなぎ売りする場合は信用手数料が完全無料のSMBC日興証券、手数料が安いGMOクリック証券ライブスター証券を使って、手数料を極力安くするようにしましょう。

 

Minoriソリューションズ(3822)から株主優待が到着!!

Minoriソリューションズ(3822)から株主優待が到着しました。

オリジナル券面のクオカード1,000円分です。

シンプルで個人的には好きなデザイン。

かなりインパクトが強いクオカードもあったりとこの辺りは企業によっていろんな色が見れるので結構楽しいです 笑

 

Minoriソリューションズ(3822)の株主優待取得費用

 

続いてMinoriソリューションズ(3822)の株主優待を取得するのにかかった費用を計算です。

今回は楽天証券を利用して100株をつなぎ売りで取得しました。

楽天証券のいちにち信用を使えばつなぎ売り手数料がさらに安くなる!! 株式移管方法を徹底解説!!

かかった手数料は…

項目金額(税込)
合計543円
売買手数料388円
金利・貸株料155円
逆日歩0円
管理費0円

よって、お得になった金額は…

1,000 – 543 = 457円

50%以上手数料で持って行かれました!!

ただクオカードということを考えればギリギリ許せる範囲ですかね。

う〜ん、でもこのくらいの金額だとつなぎ売り難易度を考えるとちょっと微妙かもしれない。。

多く払いすぎてない?? 管理人が実践しているつなぎ売りの手数料を安くする4つの方法

MEMO
上記は自分が取得したときの手数料です。現時点での手数料とは異なっている可能性があります

 

Minoriソリューションズ(3822)の株主優待まとめ

Minoriソリューションズ(3822)の株主優待はクオカードということもあり人気化は必須。

つなぎ売りの難易度も高めで取得できないこともあります。

ただ、根気よく見ているとたまにぽろっと在庫がでてくることもありますので見つけたら速攻で確保していきましょう。

そこまでお得な銘柄ではありませんが、9月は3月と比較するとクオカード銘柄が少ないので貴重ですからね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。