10月20日確定日

権利付き日 17日(火)

権利落ち日 18日(水)

逆日歩日数3日


10月末日確定日

権利付き日 26日(木)

権利落ち日 27日(金)

逆日歩日数1日

5日信用売り解禁日 20日の19時以降

フライングゲット 19日の19時以降

 

※必ず自分で最終確認するようにしてください。上記はあくまで自分のメモ用です


口座開設+5万円以上入金で…

現金5,000円


アウトソーシング(2427)の株主優待を徹底紹介!! 12月ではゲットしておきたいクオカード銘柄!!

今回はアウトソーシング(2427)における株主優待の詳細、逆日歩情報なども含めて徹底紹介していきます♪

12月のクオカード銘柄として有名な企業ですね。

直近では株価もぐんぐん上がっているので、長期保有していた方は多くのキャピタルゲインも手に入れているでしょう^ ^

スポンサーリンク

アウトソーシング(2427)ってどんな会社??

アウトソーシング(2427)は人材派遣や業務請負をしている会社です。

アウトソーシング 株主優待 2016年 1

今までのような派遣型アウトソーシングではなく、プロフィット・シェアリング・モデルというビジネススキームが特徴。

人員を派遣すればそれで終わりではなく、品質の向上や改善目標までサポートするというのが強みのようです。

どうやらこれにより人件費を削減できるだけでなく、総合的なコスト削減ができるようですよ♪

アウトソーシング(2427)の株主優待詳細

アウトソーシング ロゴ 1

銘柄(株)アウトソーシング
コード2427
権利確定月12月末日
株主優待(クオカード)100株以上・・・1,000円相当
500株以上・・・2,000円相当
5,000株以上・・・3,000円相当
25,000株以上・・・4,000円相当
一般信用売り可能証券カブドットコム証券
SBI証券
制度信用売り可能
優待利回り(年間)100株の場合・・・0.64%
500株の場合・・・0.25%
5,000株の場合・・・0.03%
25,000株の場合・・・0.01%
配当利回り1.09%

アウトソーシング(2427)の権利確定月は12月末日の年1回。

貰える株主優待はクオカードです!!

嫌いな人はいない鉄板優待になります^ ^

株数によって貰える額面が変わり、MAXは4,000円相当。

しかしながら、株数が多くなるごとに利回りは低下していきます。

25,000株だと優待利回りがわずか0.01%という銀行預金ほどの利回りしかありません。

ちょっとひどい数字ですよね。

とはいえ100株でも優待利回りは1%未満ですから、優待目的での長期保有はオススメできません。

配当利回りもいまいちなのも残念です。。。

つなぎ売りでの取得

アウトソーシング(2427)は制度信用一般信用の両方でつなぎ売りが可能です。

逆日歩リスクなし!! 一般信用を使って"つなぎ売り"ができるオススメの証券会社3選!!
株主優待を安全に取得する方法といえば、やはり… "つなぎ売り" そして、そのつなぎ売りを...

一般信用売りを取り扱っているのはカブドットコム証券SBI証券の2社です。

もしかしたら、楽天証券でも取扱があるかもしれません。

株主優待はクオカードという魅力的な商品ではありますが、利回りが低いこともあり競争率はそれほど高くないです。

権利付き日の10日前でも一般信用売りを確保できる可能性があります。

ただ、あまり早くからつなぎ売りをすると手数料がかかりマイナスになる可能性もありますので注意するようにしてください。

株価変動リスクをなくして手数料だけで株主優待をゲットできる”つなぎ売り“の方法は下記の記事でSBI証券を例に紹介していますので「挑戦しようかな〜」と考えている方は是非参考にしてくださいませm(_ _)m

SBI証券でのつなぎ売り方法を確認する

アウトソーシング(2427)における過去の逆日歩

続いてアウトソーシング(2427)における過去の逆日歩です。

年度逆日歩(100株辺り)
2012年12月35円
2013年12月35円
2014年12月30円
2015年12月150円
2016年12月0円

高額な逆日歩にはなっていません。

この様子なら制度信用でせめて見てもいいかもしれませんね♪

ただし株数を多くするとハイリスクになりますので、最低単元に止めておくのがいいと思います(^^;;

もし制度信用でつなぎ売るできるようになったら、信用手数料が完全無料のSMBC日興証券、手数料が安いGMOクリック証券ライブスター証券を使って、手数料を極力安くするようにしてくださいませ。

アウトソーシング(2427)から株主優待が到着!!

アウトソーシング(2427)から優待変更前の株主優待が到着しました。

今回は100株分ですので、2,000円分です。

アウトソーシング 株主優待 2016年 2

1,000円相当のクオカードが2枚入っていました。

券面はアウトソーシングのロゴ入りですね。

2017年度からは100株で1,000円分しかもらえませんので、注意してくださいませ。

アウトソーシング(2427)の株主優待取得費用

続いてアウトソーシング(2427)の株主優待を取得するのにかかった費用を計算です。

今回はカブドットコム証券GMOクリック証券を使い、100株を変則的つなぎ売りで取得しました。

かかった手数料は…

項目金額(税込)
合計805円
売買手数料476円
金利・貸株料329円
管理料0円
逆日歩0円

よってお得になった金額は…

2,000円 – 805円 = 1,175

クロスしている期間が少し長かったので、少し手数料が高くなってしまいました。

1,000円以上は前にでているので全然オッケーです^ ^

でも、2017年度からはクロスするタイミングも重要になってきそう。

上記は自分が取得したときの手数料です。現時点での手数料とは異なっている可能性があります

アウトソーシング(2427)の株主優待まとめ

アウトソーシング(2427)の株主優待はクオカードなので、商品自体は非常に魅力的です。

ただ、分割に合わせて優待の内容を変更したことで以前よりもつなぎ売りで取得する旨味が減ってしまいました。

ちょっと残念です。

とはいえ100株だけつなぎ売りするならばまだまだ前にでますので自分は今後も積極的に取得していくつもりでいます^ ^

12月はクオカード銘柄が少ないので貴重ですしね♪

株主優待のつなぎ売りを初めてみませんか??

 

最近ではSBI証券でも一般信用を使ったつなぎ売りが可能になりました(^ ^)

 

ちなみに10月はSBI証券の口座を持っていれば下記の魅力的な株主優待が取得できますよ

 
  • タイムズの優待券
  • 巴工業のワイン
  • TSUTAYAのギフト券
  • エイチ・アイ・エスの優待券
  • ハートマークショップの優待券
  •  

    もちろん、上記以外にも多くの株主優待を取得できます!!

     

    この先もお得な株主優待が多くゲットできますので、是非SBI証券で株主優待タダ取りを初めてみてはどうですか??

     

    ↓SBI証券で優待タダ取りを始める↓

    スポンサーリンク

    フォローする

    関連記事はこちら

    関連記事はこちら