7月20日確定日

権利付き日 14日(金)

権利落ち日 18日(火)

逆日歩日数1日

5日信用売り解禁日 10日の19時以降

フライングゲット 7日の19時以降


7月末日確定日

権利付き日 26日(水)

権利落ち日 27日(木)

逆日歩日数1日

5日信用売り解禁日 20日の19時以降

フライングゲット 19日の19時以降

 

※必ず自分で最終確認するようにしてください。上記はあくまで自分のメモ用です


口座開設+5万円以上入金で…

現金5,000円+株主優待本


トーホー(8142)の株主優待を徹底紹介!! 買物割引券と自社製品が貰える太っ腹な内容!!

1月、7月の人気銘柄であるトーホー。

株数によっては割引券だけでなく、自社製品も貰えるので、毎年積極的に取得している人も多い銘柄です。

今回はそんなトーホー(8142)における株主優待の詳細、逆日歩情報なども含めて徹底紹介していきます(^ ^)

スポンサーリンク

トーホー(8142)ってどんな会社??

トーホー(8142)は業務用食品を卸売している会社です。

トーホー ロゴ 2

また、業務用の食材店やスーパーマーケットも運営しています。

本社が神戸にある会社なので、基本的には関西に店舗が多いです。

店舗はまだまだ少ないですが、もしかしたら自分の住んでいる所の近くにトーホーのスーパーがあるという人もいるかもしれませんね♪

トーホー(8142)の株主優待詳細

トーホー ロゴ 1

銘柄(株)トーホー
コード3548
株価3,030円 (2017/6/28日現在)
権利確定月1月末日
7月末日
株主優待①(割引券)100株以上・・・2,500円相当
200株以上・・・5,000円相当
400株以上・・・10,000円相当
株主優待②(200株以上)1月・・・トーホーセレクト品
7月・・・2,000円相当のコーヒー製品
一般信用売り可能証券カブドットコム証券
SBI証券
楽天証券
制度信用可能
優待利回り100株の場合・・・約1.65%
200株の場合・・・約2.31%
400株の場合・・・約1.98%
配当利回り1.65%

トーホー(8142)の権利確定月は1月と7月の年2回。

株主優待は優待割引券自社製品です。

優待割引券はトーホーストア、A-PRICEなどの店舗で利用可能。

自社製品は200株以上から貰うことができ、それぞれで貰える商品も違います。

同じ商品だとちょっと飽きを感じる人もいると思いますので、このあたりは”にくい演出”と言っていいかもしれません(^ ^)

利回りについてですが、200株から自社製品が貰えるということもあり、200株が一番利回りが高いです。

おそらく、割引券を使える人は少ないと思いますので、取得する際には200株がベストだと思いますね♪

つなぎ売りでの取得

トーホー(8142)は一般信用売り制度信用売りでの両方でつなぎ売りが可能です。

逆日歩リスクなし!! 一般信用を使って"つなぎ売り"ができるオススメの証券会社3選!!
株主優待を安全に取得する方法といえば、やはり… "つなぎ売り" そして、そのつなぎ売りを...

一般信用売りは、カブドットコム証券楽天証券SBI証券の3社で取扱があります。

ただ、1月と7月は株主優待を貰える銘柄が少ないので、カブドットコム証券では意外と早くに在庫がなくなることもあります。

どうしても欲しいという方は1ヶ月〜20日前を目安につなぎ売りを仕込むのがいいかもしれません。

ただ、楽天証券が穴場で比較的取得しやすいです。

SBI証券も5日信用売り解禁日に速攻で狙えば取得できる可能性は高いと思います。

3社を上手に使っていきましょう!!

株価変動リスクをなくして手数料だけで株主優待をゲットできる”つなぎ売り“の方法は下記の記事でSBI証券を例に紹介していますので「挑戦しようかな〜」と考えている方は是非参考にしてくださいませm(_ _)m

SBI証券でのつなぎ売り方法を確認する

トーホー(8142)における過去の逆日歩

続いてトーホー(8142)における過去の逆日歩です。

年度逆日歩(100株辺り)
2014年1月90円
2014年7月300円
2015年1月90円
2015年7月390円
2016年1月990円
2016年7月750円
2017年1月400円

今の所は優待の価値以上に高額な逆日歩はついていません。

ただ、いつ高額な逆日歩がつくわかりませんので、もし制度信用でつなぎ売りをする場合は被害を最小限に止めるために、信用手数料が完全無料のSMBC日興証券、手数料が安いGMOクリック証券ライブスター証券を使って、手数料を極力安くするようにしてくださいませ。

トーホー(8142)から株主優待が到着!!

トーホー(8142)株主優待が到着しました!!

こちらが優待割引券。

トーホー 株主優待 2017年 3

1,000円ごとに100円券が1枚利用できるので、中身はこんな感じで100円券がずらり!!

トーホー 株主優待 2017年 4

こちらをトーホーが運営する店舗で利用すれば、最大10%引きで買い物が可能です♪

U・S・M・Hイオン北海道の優待割引券と同じになります。

そしてこちらがトーホーのセレクト商品。

トーホー 株主優待 2017年 1

「どんな商品がくるかな」と楽しみにしていた所、今回はオレンジといちごのジャム、そしてスペシャリティーコーヒーのセットでした(^ ^)

パンがあればこれだけで”朝食の出来上がる”ので、個人的にはいいセレクトだと思います。

割引券が使える人にとっては、かなり利用価値の高い株主優待かもしれませんね♪

トーホー(8142)の株主優待取得費用

続いてトーホー(8142)の株主優待を取得するのにかかった費用を計算です。

今回はGMOクリック証券カブドットコム証券を使い、100株を変則的つなぎ売りで取得しました。
かかった手数料は…

項目金額(税込)
合計1,074円
信用買い → 現引き100円
信用売り582円
金利・貸株料392円
逆日歩0円

よってお得になった金額は…

7,000円 – 1,074円 = 5,976

ある程度早めにつなぎ売りしましたが、それでも十分前に出ました(^ ^)

ただ、あくまで割引券を利用する体での計算になりますので、実際ここまでお得になる人は少ないかなと思います。

上記は自分が取得したときの手数料です。現時点での手数料とは異なっている可能性があります

トーホー(8142)の株主優待まとめ

トーホー(8142)は優待割引券を利用できる人にとっては、積極的に取得するべき銘柄だと思います。

200株ならばトーホー製品も貰えるので、言うことなしでしょう。

また、優待割引券を利用できなかったとしても、それなりにお得な銘柄ではあります。

1月、7月はゲットできる株主優待が少ないので、ちょっと興味が出た方はお試しで取得してみてはいかがでしょうか(^ ^)

株主優待のつなぎ売りを初めてみませんか??

 

最近ではSBI証券でも一般信用を使ったつなぎ売りが可能になりました(^ ^)

 

ちなみに7月はSBI証券の口座を持っていれば下記の魅力的な株主優待が取得できますよ

 
  • ダイドーの商品詰め合わせ
  • ジュンク堂の商品券
  • トーホーの割引券
  • 図書カード
  • モロゾフの割引券
  •  

    もちろん、上記以外にも多くの株主優待が多く取得できます!!

     

    この先もお得な株主優待が多くゲットできますので、是非SBI証券で株主優待タダ取りを初めてみてはどうですか??

     

    ↓SBI証券で優待タダ取りを始める↓

    スポンサーリンク

    フォローする

    関連記事はこちら

    関連記事はこちら