ウィルグループ(6089)の株主優待を徹底紹介!! 安定のクオカード銘柄です!!

 

今回はウィルグループ(6089)における株主優待の詳細、逆日歩情報なども含めて徹底紹介していきたいと思います(^ ^)

 

株主優待を新設したばかりのまだ日が浅い会社ではありますが、優待の内容が人気の高い金券ということでこの先優待ゲッターには見逃せない会社なるはずです♪

 

ウィルグループ(6089)ってどんな会社??

 

ウィルグループ(6089)は人材派遣会社です

 

ウィルグループ 株主優待 2016年 1

 

オペレーター派遣や家電量販店への派遣など様々なアウトソーシング事業を展開しています

 

また、ウィルグループは2013年にIPOした会社の一つです

 

2013年はIPOバブルで年間通しても1社しか公募割れがありませんでした

 

でも、その一社というのは残念ながらこのウィルグループなんですけどね(^^;;

 

そんなこともあり個人的には印象深い会社です

 

 

ウィルグループ(6089)の株主優待詳細

 

ウィルグループ ロゴ 1

銘柄(株)ウィルグループ
コード6089
株価948円 (2016/8/1日現在)
権利確定月3月末日
株主優待(クオカード)100株以上・・・1,000円相当
一般信用売り可能証券カブドットコム証券
制度信用可能
優待利回り100株以上・・・約1.05%

 

ウィルグループ(6089)の株主優待はクオカードです

 

もらって嬉しい鉄板優待ですね♪

 

100株以上の株主に対して一律1,000円が貰えます(^ ^)

 

また、優待利回りは1%台とそれほど高いわけではありませんのでどちらかというと長期保有よりはつなぎ売りで取得するの方がいいかもしれません

 

 

つなぎ売りでの取得

 

ウィルグループ(6089)はつなぎ売りが制度信用一般信用の両方で可能です

 

一般信用は今の所カブドットコム証券でしか対応していません

 

大人気の優待というわけではありませんが、クオカード銘柄は根強い人気を誇りますので逆日歩リスクを負いたくないという方はできるだけ早く長期でつなぎ売りしておくのがいいと思います

 

20日前〜30日前くらいを目安に取得するようにしましょう

 

ちなみに自分は2016年の3月は運良く権利日ギリギリで取得することができました(^ ^)

 

 

過去の逆日歩

 

続いてウィルグループ(6089)における過去の逆日歩です

 

年度逆日歩(100株辺り)
2016年3月5円

 

 

2016年の2月に株主優待を新設したために、多くのデータがありません

 

これからどうなるかに注目ですね

 

この先の逆日歩が予想しづらいので、もし制度信用でつなぎ売りする場合は信用手数料が完全無料のSMBC日興証券、手数料が安いGMOクリック証券ライブスター証券を使ってできるだけ、低料金で取得するようにするのがよさそうです(^ ^)

 

株価変動リスクをなくして手数料だけで株主優待をゲットできる”つなぎ売り“の方法は下記の記事でSBI証券を例に紹介していますので「挑戦しようかな〜」と考えている方は是非参考にしてくださいませm(_ _)m

 

SBI証券でのつなぎ売り方法を確認する

 

 

 

 

ウィルグループ(6089)から株主優待が到着!!

 

今回はウィルグループ(6089)の株主優待を100株つなぎ売りして取得しました!!

 

 

ウィルグループ 株主優待 2016年 2

 

上記が届いた1,000円分のクオカードです

 

会社ロゴが入っていますが比較的シンプルなデザインなので使いやすいと思います(^ ^)

 

個人的には嫌いじゃないデザインですww

 

 

ウィルグループ(6089)の株主優待取得費用

 

ウィルグループ(6089)の株主優待を取得するのにかかった費用を計算です

 

今回はカブドットコム証券の一般信用を使い、つなぎ売り100株取得しました

 

かかった手数料は…

 

項目金額(税込)
合計228円
信用買い → 現引106円
信用売り106円
金利・貸株料16円
逆日歩0円

 

よってお得になった金額は…

 

1,000円 – 228円 = 772

 

1,000円のクオカードを228円で手に入れられました!!

 

これは十分合格点でしょう

 

株価も低価格だったこともあり、ほぼ制度信用で取得した場合と変わらない手数料だったと思います

 

 

 

ウィルグループ(6089)の株主優待まとめ

 

 

優待月は3月ですがクオカードということで人気銘柄の一つです

 

他にもクオカード銘柄が多くある月ではありますが、株価が低価格なため取得しやすいので狙っている人も多いと思います(^ ^)

 

とりあえずクオカードは有効期限もありませんし、持っていて重荷になるような金券ではありませんので資金に余裕があるという方は積極的にゲットしていくようにしましょう

 

勿論、自分も次回忘れずに取得するつもりですよ♪

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。