ティーガイア(3738)から株主優待が到着したので貰える商品や逆日歩などを徹底解説!!

 

東証1部に上場しているティーガイア(3738)から株主優待が到着しました。

 

今回は株主優待の詳細、逆日歩情報なども含めて徹底紹介していきます♪

 

ティーガイア(3738)ってどんな会社??

 

ティーガイア(3738)は携帯電話の大手販売代理店です。

 

 

住友商事グループであり、携帯電話の他に通信回線の販売やスマホの周辺機器なども販売しています。

 

また、最近ではクオカード株式会社を買収しました。

 

どうやら今後はデジタル版のクオカードを発行していくようですよ。

 

 

ティーガイア(3738)の株主優待詳細

 

ティーガイア 1

銘柄(株)ティーガイア
コード3738
権利日3月末日
9月末日
株主優待(クオカード)100株以上・・・1,000円相当
300株以上・・・2,000円相当
一般信用売り可能証券SBI証券
カブドットコム証券
楽天証券
制度信用可能
優待利回り100株以上・・・約 0.64%〜0.97%
300株以上・・・約 0.32%〜0.54%
配当利回り1.78%

 

ティーガイア(3738)の権利確定月は3月末日9月末日の年二回

 

株主優待はクオカードです。

 

子会社にクオカード株式会社がいますので、これは納得の優待ですかね。

 

また、1年以上長期保有した株主にはクオカードが増額されます。

 

3月末

300株以上・・・1,000円増額

 

9月末

  • 100株以上・・・1,000円増額
  • 300株以上・・・1,000円増額

 

300株以上だと1年で5,000円相当もらえることになりますよ。

 

ただ、株価が高くなった影響で優待利回りはそれほど高くありません。

 

配当を含めた総合利回りも2%ほどですから正直微妙です。

 

以前は100株の株主に対して一律で3,000円相当のクオカードを配布していたので、どうしてもそれと比較すると現行の内容はしょぼく感じてしまうんですよね。

 

つなぎ売りでの取得

 

ティーガイア(3738)は一般信用制度信用の両方でつなぎ売りが可能です。

 

逆日歩リスクなし!! 一般信用を使って”つなぎ売り”ができるオススメの証券会社3選!!

 

一般信用売りの取扱は今の所カブドットコム証券楽天証券、そしてSBI証券の3社で取り扱いがあります。

 

人気度的にはそこまで高くありませんので、権利付き日ギリギリでも在庫が残っている場合がありますよ。

 

おそらく3月権利日ということも影響しているんだと思います。

 

他にも魅力的な優待がたくさんありますからね。

 

株価変動リスクをなくして手数料だけで株主優待をゲットできる”つなぎ売り“の方法は下記の記事でSBI証券を例に紹介していますので「挑戦しようかな〜」と考えている方は是非参考にしてくださいませm(_ _)m

 

SBI証券でのつなぎ売り方法を確認する

 

 

ティーガイア(3738)における過去の逆日歩

 

続いてティーガイア(3738)における過去の逆日歩です。

 

年度逆日歩(100株辺り)
2017年3月165円
2017年9月15円
2018年3月60円

 

今の所高額な逆日歩はついてません。

 

100株だけならばリスクは限定的でしょう。

 

もし制度信用で攻める場合は信用手数料が完全無料のSMBC日興証券、手数料が安いGMOクリック証券ライブスター証券を使って、手数料を極力安くするようにしてくださいませ。

 

 

ティーガイア(3738)から株主優待が到着!!

 

ティーガイア(3738)から株主優待が到着しました。

 

今回は優待変更前になりますので、3,000円相当のクオカードになります。

 

 

会社名が書かれた券面ですので、少し使いにくいという人もいるかもしれませんね。

 

自分は逆に企業の色が出ていて、こういうデザインの方がわりと好きです。

 

3,000円色々使っても結構持ちこたえてくれるので助かります。

 

500円だとすぐになくなってしまうので 笑

 

次回からは1,000円相当になってしまうのでちょっと残念。

 

ティーガイア(3738)の株主優待取得費用

 

続いてティーガイア(3738)の株主優待を取得するのにかかった費用を計算です。

 

今回はカブドットコム証券GMOクリック証券を使い、100株を変則的つなぎ売りで取得しました。

かかった手数料は…

 

項目金額(税込)
合計530円
売買手数料293円
金利・貸株料237円
逆日歩0円
管理費0円

 

よってお得になった金額は…

 

3,000円 – 530円 = 2,470

 

これだけプラスになれば文句はありません!!

 

満足です!!

 

ただ次回からは1,000円になるのでつなぎ売りだとお得感が薄れてしまうんですよね。。

 

手数料を安くする方法は下記記事で紹介していますので、気になる方は是非一読してみてください。

 

多く払いすぎてない?? 管理人が実践しているつなぎ売りの手数料を安くする4つの方法

MEMO
上記は自分が取得したときの手数料です。現時点での手数料とは異なっている可能性があります

 

 

ティーガイア(3738)の株主優待まとめ

 

ティーガイア(3738)の株主優待は人気のクオカードですが、つなぎ売りで取得する場合は手数料が多くかかってしまうため、あまりお得な銘柄ではありません。

 

3,000円だったら迷わずゲットでよかったんですけどね。

 

改悪されたのが痛い。。。

 

また、優待が多い3月ということもあり他にも魅力的な優待がたくさんあります。

 

それこそリコーリースやJSP、全国保証など3,000円のクオカードが貰える銘柄もちらほら。

 

資金が余ったら取得するぐらいの感覚でいいと思いますよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。